※当サイトはプロモーションが含まれています
また、皆様からのご意見等を随時募集しています

通関士の年収は低い?低い理由や高卒、女性の給与を考察

通関士・物流企業への転職
▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

通関士とは、輸出入の際に必要な手続きを代行する専門家です。

通関士になるには、国家試験に合格する必要があります。

通関士は、貿易に関する知識やスキルを持っているので、高い年収を得られると思われがちですが、実際にはそうではありません。通関士の平均年収は、約579.8万円程度です。

では、なぜ通関士の年収は低いのでしょうか?

また、高卒や女性の通関士の給与はどのくらいなのでしょうか?

この記事では、通関士の年収について、低い理由や高卒、女性の給与を考察していきます。

通関士の職務内容とは?

通関士の職務内容は、主に以下のようなものです。

  • 輸出入の際に必要な書類の作成や提出
  • 関税や消費税などの税金の計算や納付
  • 輸出入の規制や制限に関する法令の遵守や確認
  • 輸出入の際に発生するトラブルの解決や相談

通関士は、貿易会社や物流会社などの企業に勤める場合が多いです。通関士は、輸出入の手続きをスムーズに行うために、関係各所との連携や交渉が必要です。そのため、コミュニケーション能力や交渉力、柔軟性などが求められます。

通関士になるための方法・ステップ

通関士になるためには、以下のような方法やステップがあります。

  1. 通関士試験に合格する
  2. 通関士登録をする
  3. 通関士としての実務経験を積む

通関士試験は、毎年10月上旬に行われる国家試験です。

試験科目は、通関業法、関税法等、通関実務です。

合格率は、約10~20%程度と非常に低いです。

試験に合格するには、貿易に関する法律や制度、手続きなどの幅広い知識が必要です。

そのため、試験に向けての勉強は、非常に大変です。

通関士試験に合格した後は、通関士登録を行う必要があります。登録した後は、通関士としての実務経験を積むこととなります。

通関士としての実務経験は、企業に勤める場合がほとんどです。

通関士の平均年収はどのくらい?

通関士の年収の平均は、約579.8万円程度です

しかし、通関士の年収は、勤務先や経験年数、地域などによって大きく異なります。

引用元:職業情報提供サイトjobtag

通関士として働く場合、通関士手当の制度がある企業が多く、他の事務職より給与が良くなる傾向にあります

一般的に年収は、以下のような傾向があります。

  • 大手の貿易会社や物流会社に勤める通関士の方が、中小の企業に勤める通関士よりも年収が高い
  • 海外勤務や外資系の企業に勤める通関士の方が、国内勤務や日本企業に勤める通関士よりも年収が高い
  • 経験年数が多い通関士の方が、経験年数が少ない通関士よりも年収が高い
  • 都市部に勤務する通関士の方が、地方に勤務する通関士よりも年収が高い

通関士の年収は、業界や企業の業績にも影響されます。

貿易の需要が高まると、通関士の需要も高まりますが、貿易の需要が低下すると、通関士の需要も低下します。

そのため、通関士の需要は、景気や国際情勢にも左右されます。

通関士の平均年収が低い理由とは?

通関士の平均年収が低い理由は、主に以下の2つです。

サービスを提供する相手が限られていること

通関士は、輸出入の手続きを代行するサービスを提供しますが、そのサービスを必要とする相手は、貿易を行う企業や個人に限られます。

つまり、通関士の顧客は、貿易の規模や頻度によって決まります。

貿易の規模や頻度が大きい企業や個人は、通関士に高い報酬を支払うことができますが、貿易の規模や頻度が小さい企業はできるだけ安い金額で通関してくれる企業を探すでしょう。

輸出入の手続きを自分で行う企業や個人が増えていること

通関士のサービスを利用する代わりに、輸出入の手続きを自分で行う企業や個人が増えています。これは、以下のような理由があります。

  • 輸出入の手続きに関する情報やツールがインターネット上で容易に入手できるようになったこと
  • 輸出入の手続きにかかる時間やコストを削減するために、自分で行うことを選択すること
  • 輸出入の手続きに関する知識やスキルを身につけることで、貿易に関するビジネスチャンスを広げること

通関士の年収を上げる方法とは?

通関士の年収を上げる方法として、以下のようなものがあります。

1つの企業に長く勤務すること

通関士としての実務経験を積むことで、貿易に関する知識やスキル、ネットワークなどを高めることができます。また、1つの企業に長く勤務することで、企業内での評価や信頼も高まります。これらのことは、通関士の年収にもプラスになります。しかし、1つの企業に長く勤務することには、以下のようなデメリットもあります。

  • 企業の業績や経営状況によって、通関士の年収や雇用が不安定になる可能性があること
  • 企業の方針や環境に合わない場合、通関士としてのやりがいや成長が感じられないこと
  • 他の企業や業界に転職する際に、通関士としてのスキルや経験が活かせないこと

海運業への転職

通関士は、貿易に関する知識やスキルを持っているので、海運業への転職が有利です。海運業とは、船舶や港湾などを利用して、貨物や乗客の輸送を行う業界です。海運業には、以下のようなメリットがあります。

  • 海運業は、国際的なビジネスであり、海外との取引や交流が多いこと
  • 海運業は、貿易の需要に応じて、安定的に収入を得られること
  • 海運業は、通関士としての知識やスキルを活かすことができること

しかし、海運業には、以下のようなデメリットもあります。

  • 海運業は、競争が激しく、業界の変化に対応する必要があること
  • 海運業は、海外勤務や出張が多く、家族やプライベートとのバランスがとりにくいこと
  • 海運業は、船舶や港湾などの設備や人員に関する安全や環境の問題に対処する必要があること

外資系・海外勤務の企業への転職

通関士は、貿易に関する知識やスキルを持っているので、外資系や海外勤務の企業への転職が有利です。外資系や海外勤務の企業とは、日本以外の国に本社や拠点を持つ企業や、日本国内で働くものの、海外との取引や交流が多い企業のことです。外資系や海外勤務の企業には、以下のようなメリットがあります。

  • 外資系や海外勤務の企業は、通関士としての知識やスキルを高く評価し、高い年収を支払うこと
  • 外資系や海外勤務の企業は、国際的なビジネスであり、多様な文化や価値観に触れることができること
  • 外資系や海外勤務の企業は、キャリアアップやスキルアップの機会が多いこと

しかし、外資系や海外勤務の企業には、以下のようなデメリットもあります。

  • 外資系や海外勤務の企業は、日本の企業とは異なる働き方やルールに慣れる必要があること
  • 外資系や海外勤務の企業は、英語などの外国語の能力が必須であること
  • 外資系や海外勤務の企業は、海外の法律や制度に従う必要があること

通関士試験におすすめの通信講座とは?

通関士試験に合格するためには、貿易に関する法律や制度、手続きなどの幅広い知識が必要です。そのため、試験に向けての勉強は、非常に大変です。通関士試験におすすめの通信講座として、以下の記事を参考にしてください。

これらの通信講座は、以下のような特徴があります。

  • 試験科目ごとに分かりやすいテキストや問題集を提供すること
  • 試験に出題される傾向やポイントを分析し、効率的な学習法を指導すること
  • オンラインや電話での質問や相談に対応すること
  • 模擬試験や添削などのサービスを提供すること

これらの通信講座は、通関士試験に合格するために必要な知識やスキルを身につけるのに役立ちます

まとめ:通関士の平均年収は約579.8万円程度、低いと感じるかは人それぞれ

通関士は、輸出入の際に必要な手続きを代行する専門家です。

通関士になるには、国家試験に合格する必要があります。通関士の平均年収は、約579.8万円程度と言われています。

通関士の年収は、勤務先や経験年数、地域などによって大きく異なります。

通関士の年収が低い理由は、サービスを提供する相手が限られていることや、輸出入の手続きを自分で行う企業や個人が増えていることです。

通関士の年収を上げる方法としては、1つの企業に長く勤務することや、海運業や外資系・海外勤務の企業への転職が有効です。

通関士試験に合格するためには、貿易に関する法律や制度、手続きなどの幅広い知識が必要です。そのため、通信講座などの学習サービスを利用することがおすすめです。

通関士は、貿易に関する知識やスキルを持っているので、高い年収を得られると思われがちですが、実際にはそうではありません。

通関士の年収は、低いと感じるかは人それぞれですが、通関士としてのやりがいや成長を求めるなら、自分に合った働き方やキャリアを見つけることが大切です。

通関士に興味がある方は、この記事を参考にしてください。

以上です

ありがとうございました!

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

▼ブログランキング参加中!▼
参考になりましたら、ポチお願いします!

資格・スキルアップランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 通関士へ
にほんブログ村

FC2 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました