※当サイトはプロモーションが含まれています
また、皆様からのご意見等を随時募集しています

貿易事務はやめとけ?向き不向きあるけど将来性はある【通関士】

通関士・物流企業への転職
▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

ご安全に、ロジまるです

貿易事務への就職や転職を考えている人は多いのではないでしょうか

海外とのやり取りがある仕事がしたい、英語を活かしたいなど、理由は人それぞれかと思います

今回の記事では貿易事務はやめとけと言われる理由と、貿易事務の向き不向きについてお話します

はじめに:貿易事務の基本とは

貿易事務とは、国際貿易に関する事務処理のことです。輸出入の手続きや書類作成、海外とのやりとりなどが主な業務です。貿易事務は、国際ビジネスに携わる魅力的な職種の一つですが、同時に多くの悩みや疑問を抱える人も多いでしょう。

– 貿易事務はやめとけと言われるのは本当か?

– 貿易事務の仕事内容や資格は何か?

– 貿易事務の向き不向きや将来性はどうか?

このような疑問に答えるために、本記事では貿易事務について詳しく解説します。貿易事務に転職を考えている人や、貿易事務に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

貿易事務はやめとけと言われる理由とは

貿易事務はやめとけと言われることがあります。その理由は、主に以下のようなものです。

– 貿易事務は、細かい作業が多く、ミスが許されないストレスの高い仕事である。

– 貿易事務は、海外との時差や言語の壁などにより、コミュニケーションが困難である。

– 貿易事務は、給与が低く、キャリアアップの機会が少ない。

これらの理由は、一部の事実に基づいているかもしれませんが、必ずしも全ての貿易事務に当てはまるとは限りません。実際には、貿易事務の仕事内容や資格、向き不向きや将来性などによって、貿易事務のメリットやデメリットは変わってきます。次の章では、それらについて詳しく見ていきましょう。

貿易事務の仕事内容と資格

貿易事務の主な業務は、輸出入の手続きや書類作成、海外とのやりとりなど

貿易事務の主な業務は、輸出入の手続きや書類作成、海外とのやりとりなどです。具体的には、以下のような業務があります。

– 輸出入の契約や注文の確認

– 輸出入の申告や通関の手続き

– 輸出入に関する書類の作成や管理

– 輸出入に関する税金や手数料の計算や支払い

– 輸出入に関する法律や規制の把握や遵守

– 海外の取引先や運送会社との連絡や交渉

– 輸出入に関するトラブルの対応や解決

これらの業務は、国際貿易の円滑な進行に欠かせないものです。貿易事務は、国際ビジネスの裏方として、重要な役割を担っています。

貿易事務に必要な資格は、通関士や貿易実務検定など

貿易事務に必要な資格は、通関士や貿易実務検定などです。これらの資格は、貿易事務の知識やスキルを証明するもので、貿易事務の就職や転職に有利になります。また、資格を取得することで、貿易事務の業務の幅やレベルを広げることができます。

– 通関士:輸出入の通関手続きを代行することができる国家資格です。通関士は、貿易事務の中でも高度な専門知識を持つ人材として、需要が高く、給与も高いです。通関士の試験は、毎年10月に行われ、合格率は約10%程度です。

通関士の試験には、通関業法、関税法等、通関実務の3科目が出題されます。通関士の試験に合格するには、独学よりも通信講座などの受験対策が必要です。

– 貿易実務検定:貿易実務の知識や技能を測る検定試験です。貿易実務検定は、c級からa級までの3つの級があり、それぞれの級に応じて、貿易実務の基礎から応用までの内容が出題されます。貿易実務検定は、毎年数回(a級は10月上旬の年1回)行われ、合格率は級によって異なります。貿易実務検定の試験に合格するには、独学や通信教育などの学習方法があります。

資格を取得するメリットや難易度、受験方法などを説明する

資格を取得するメリットや難易度、受験方法などを説明すると、以下のようになります。

  • 資格を取得するメリットは、貿易事務の知識やスキルを証明できること、貿易事務の就職や転職に有利になること、貿易事務の業務の幅やレベルを広げることなどです。特に、通関士は、貿易事務の中でも高い専門性を持つため、就職、転職で有利になる資格です。
  • 資格を取得する難易度は、通関士が最も高く、貿易実務検定は級によって異なります。通関士の試験は、法律や実務の幅広い知識が必要で、合格率も低いです。貿易実務検定の試験は、基礎から応用までのレベルがあり、a級が最も難しく、c級が最も易しいです。どちらの資格も、独学や通信教育などの学習方法がありますが、通関士は通関士講座などの受験対策が必要です。
  • 資格を取得する方法は、税関(通関士試験)や貿易実務検定の公式サイトで試験の日程や申込み方法などを確認することです。通関士の試験は、毎年10月に行われ、申込みは7月頃にかけて行われます。貿易実務検定の試験は、毎年数回行われています。a級のみ10月のみの年1回です。

貿易事務の年収について

貿易事務の年収については、職種や経験年数、資格などによって異なります。

通関士や貿易実務検定の資格を持つと、年収が上がる傾向にあります。

また、貿易事務の年収は、業界や企業の規模や業績などにも影響されます。

貿易事務の向き不向き

貿易事務に向いている人の特徴やスキルを例を挙げて説明する

貿易事務に向いている人の特徴やスキルを例を挙げて説明すると、以下のようになります。

  • 細かい作業が得意で、ミスをしない人。貿易事務は、輸出入の手続きや書類作成など、細かい作業が多く、ミスが許されない仕事です。細かい作業が得意で、ミスをしない人は、貿易事務に向いています。例えば、書類の内容を確認したり、数字や英語のスペルをチェックしたりすることができる人です。
  • 外国語が得意で、コミュニケーションが上手な人。貿易事務は、海外の取引先や運送会社との連絡や交渉など、コミュニケーションが重要な仕事です。外国語が得意で、コミュニケーションが上手な人は、貿易事務に向いています。例えば、英語や中国語などの外国語を話したり、メールや電話でのやりとりがスムーズにできる人です。
  • 法律や規制に興味があって、勉強することが好きな人。貿易事務は、輸出入に関する法律や規制を把握し、遵守する必要がある仕事です。法律や規制に興味があって、勉強することが好きな人は、貿易事務に向いています。例えば、通関士や貿易実務検定などの資格を取得したり、最新の法律や規制の変更に対応したりすることができる人です。

貿易事務に向いていない人の特徴や苦手なことを例を挙げて説明する

貿易事務に向いていない人の特徴や苦手なことを例を挙げて説明すると、以下のようになります。

  • 細かい作業が苦手で、ミスをしやすい人。貿易事務は、細かい作業が多く、ミスが許されない仕事です。細かい作業が苦手で、ミスをしやすい人は、貿易事務に向いていません。例えば、書類の内容を見落としたり、数字や英語のスペルを間違えたりすることがある人です。
  • 外国語が苦手で、コミュニケーションが苦手な人。貿易事務は、海外の取引先や運送会社との連絡や交渉など、コミュニケーションが重要な仕事です。外国語が苦手で、コミュニケーションが苦手な人は、貿易事務に向いていません。例えば、英語や中国語などの外国語を話せなかったり、メールや電話でのやりとりが困難だったりする人です。
  • 法律や規制に興味がなくて、勉強することが嫌いな人。貿易事務は、輸出入に関する法律や規制を把握し、遵守する必要がある仕事です。法律や規制に興味がなくて、勉強することが嫌いな人は、貿易事務に向いていません。例えば、通関士や貿易実務検定などの資格を取得しなかったり、最新の法律や規制の変更に対応しなかったりする人です。

貿易事務の将来性

貿易事務の需要や市場規模、給与水準などをデータやグラフで示す

貿易事務の将来性については、以下のデータやグラフを参考にしてください。

  • 貿易事務の需要:日本の輸出入の総額は、年々増加傾向にあります。これは、日本の経済が国際化し、海外との取引が増えることを意味します。そのため、貿易事務の需要も高まると考えられます。また、貿易事務は、AIや自動化などの技術革新によって、業務の効率化や品質向上が図られる可能性があります。これは、貿易事務の仕事の価値や魅力を高めることにつながります。
  • 貿易事務の市場規模:貿易事務の市場規模は、貿易事務を行う企業や組織の数や規模によって異なります。一般的には、貿易事務は、製造業や商社、物流業などの業界で多く行われています。これらの業界は、日本の経済の中でも大きな割合を占めており、今後も成長が期待されています。そのため、貿易事務の市場規模も大きく、安定していると言えます。
  • 貿易事務の給与水準:貿易事務の給与水準は、前述に示したように、職種や経験年数、資格などによって異なります。通関士や貿易実務検定の資格を持つと、年収が上がる傾向にあります。また、貿易事務の給与水準は、業界や企業の規模や業績などにも影響されます。

貿易事務の楽しさ・やりがいとは?

貿易事務の楽しさ・やりがいとは、以下のようなものです。

  • 国際ビジネスに携われること。貿易事務は、国際貿易に関する事務処理の仕事です。貿易事務を通じて、世界の様々な国や地域との取引を行うことができます。貿易事務は、国際ビジネスに興味がある人にとって、楽しくやりがいのある仕事です。
  • 外国語を活かせること。貿易事務は、海外の取引先や運送会社との連絡や交渉など、外国語を使う機会が多い仕事です。貿易事務を通じて、外国語のスキルを磨くことができます。貿易事務は、外国語が得意な人や、外国語を学びたい人にとって、楽しくやりがいのある仕事です。
  • 法律や規制に挑戦できること。貿易事務は、輸出入に関する法律や規制を把握し、遵守する必要がある仕事です。貿易事務を通じて、法律や規制の変更に対応したり、通関士や貿易実務検定などの資格を取得したりすることができます。貿易事務は、法律や規制に挑戦したい人にとって、楽しくやりがいのある仕事です。

まとめ:貿易事務はやめとけ?向き不向きあるけど将来性はある

本記事では、貿易事務について以下の点を解説しました。

  • 貿易事務はやめとけと言われる理由とは
  • 貿易事務の仕事内容と資格
  • 貿易事務の年収について
  • 貿易事務の向き不向き
  • 貿易事務の将来性
  • 貿易事務の楽しさ・やりがいとは

貿易事務は、国際貿易に関する事務処理の仕事です。貿易事務は、細かい作業が多く、ミスが許されないストレスの高い仕事ですが、同時に国際ビジネスに携われることや、外国語を活かせることなど、楽しさややりがいもあります。貿易事務は、通関士や貿易実務検定などの資格を取得することで、業務の幅やレベルを広げることができます。貿易事務は、日本の経済が国際化し、海外との取引が増えることに伴って、需要や市場規模も大きく、安定しています。

貿易事務は、向き不向きがある仕事です。貿易事務に向いている人は、細かい作業が得意で、ミスをしない人や、外国語が得意で、コミュニケーションが上手な人や、法律や規制に興味があって、勉強することが好きな人です。貿易事務に向いていない人は、細かい作業が苦手で、ミスをしやすい人や、外国語が苦手で、コミュニケーションが苦手な人や、法律や規制に興味がなくて、勉強することが嫌いな人です。

貿易事務は、やめとけと言われることがありますが、必ずしもそうとは限りません。貿易事務は、向き不向きがあるけど、将来性はある仕事です。貿易事務に興味がある人は、自己診断や体験談などを参考にして、貿易事務の仕事に挑戦してみてください。貿易事務は、あなたにとって、楽しくやりがいのある仕事になるかもしれません。

以上です

ありがとうございました!

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

▼ブログランキング参加中!▼
参考になりましたら、ポチお願いします!

資格・スキルアップランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 通関士へ
にほんブログ村

FC2 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました