※当サイトはプロモーションが含まれています
また、皆様からのご意見等を随時募集しています

事務員派遣にお願いしたい仕事内容を正社員通関士の立場から紹介!【事務職・人材派遣】

通関士・物流企業への転職
▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

事務員派遣とは、一般的にはオフィスでの書類作成やデータ入力、電話応対などの業務を行う人材のことです。

しかし、事務員派遣には様々な種類があり、その中でも特に給料が良くて将来性のある仕事といえば、通関士派遣です。

通関士とは、輸出入貨物の通関手続きを行う国家資格者のことで、事務員派遣として働く場合は、通関業者や貿易会社などで通関業務を担当します。

この記事では、事務員派遣にお願いしたい仕事内容を正社員通関士の立場から紹介します。

事務員派遣を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

事務とは何か

事務とは、一言で言えば、情報の整理や伝達を行う業務のことです。

事務には、以下のような種類があります。

  • 文書事務:書類の作成や管理、郵便物の発送や受取、ファイリングなど
  • データ事務:パソコンや専用機器を使ってデータの入力や編集、集計や分析など
  • 会計事務:経理や財務の記録や計算、決算や税務の処理など
  • 人事事務:採用や教育、給与や福利厚生、労務管理などの人事関連の業務
  • 営業事務:見積もりや注文、納品や請求、顧客対応などの営業サポートの業務
  • 秘書事務:上司や役員のスケジュール管理や電話応対、会議や出張の手配など
  • 受付事務:来客や電話の応対、案内や誘導、受付や受付票の管理など
  • 通関事務:輸出入貨物の通関手続きや書類作成、関税や消費税の計算など

事務は、企業や組織の運営に欠かせない重要な業務です。

しかし、事務は単純作業というイメージが強く、やりがいやスキルアップの機会が少ないと感じる方も多いかもしれません。

そこで、事務職に必要なスキルとは何か、そして、事務員派遣にお願いしたい仕事内容とは何かを見ていきましょう。

事務職に必要なスキルとは(事務員派遣にお願いしたい仕事内容)

事務職に必要なスキルとは、以下のようなものが挙げられます。

  • 基本的なPCスキル:ワードやエクセルなどのオフィスソフトの操作や、インターネットやメールの利用など
  • コミュニケーションスキル:電話やメールなどの対外的なやりとりや、上司や同僚などの対内的な連携など
  • 情報処理スキル:データの入力や編集、集計や分析、書類の作成や管理など
  • 組織力:業務の進捗や優先順位の管理、問題の発見や解決、改善提案など
  • 専門知識:事務の種類に応じて、会計や税務、法律や貿易などの知識が必要になる場合があります

これらのスキルは、事務職に限らず、様々な職種や業界で役立つものです。

事務職は、スキルを身につけるための良い入門となると言えるでしょう。

しかし、事務職には、スキルだけではなく、人柄や性格も重要です。

事務職に向いている人とは、以下のような特徴を持つ人です。

  • 細かいことに気がつく:事務は、細かいミスが大きなトラブルにつながることがあります。そのため、細かいことに気がつき、正確に業務を行うことができる人が向いています。
  • ルールやマナーを守る:事務は、社内や社外のルールやマナーを守ることが求められます。そのため、ルールやマナーを守り、礼儀正しく対応できる人が向いています。
  • 協調性がある:事務は、他の部署や関係者との連携が必要なことが多いです。そのため、協調性があり、円滑にコミュニケーションできる人が向いています。
  • 自主性がある:事務は、自分で業務の計画や進捗を管理することが必要なことがあります。そのため、自主性があり、自分で判断や行動できる人が向いています。

事務職に必要なスキルや人柄について、自分はどのくらい当てはまるか、チェックしてみましょう。

もし、事務職に興味があるけれど、自分に自信がないという方は、事務員派遣という選択肢があります。

事務員派遣とは、どのような仕事内容なのでしょうか。

事務員派遣のメリット・デメリット

事務員派遣とは、人材派遣会社に登録し、事務職として企業や組織に派遣されることです。

事務員派遣には、以下のようなメリットがあります。

  • スキルや経験が不足していても、事務職に就くことができる:人材派遣会社は、事務職に必要なスキルや知識を教えてくれる研修やサポートを行っているところもあります。また、派遣先の企業や組織は、派遣社員に対して、正社員と同じような責任や期待を求めないことが多いです。そのため、スキルや経験が不足していても、事務職にチャレンジできるチャンスがあります。
  • 自分の希望や条件に合った仕事を選べる:人材派遣会社は、様々な業界や職種の仕事を紹介してくれます。その中から、自分の希望や条件に合った仕事を選ぶことができます。例えば、勤務地や勤務時間、給料や雇用形態などを自分で決めることができます。また、仕事の内容や雰囲気が合わないと感じた場合は、人材派遣会社に相談して、別の仕事に変更することもできます。
  • スキルアップやキャリアチェンジのきっかけになる:事務員派遣として働くことで、様々な業界や職種の仕事を経験することができます。その中で、自分の興味や適性を見つけたり、新しいスキルや知識を身につけたりすることができます。また、派遣先の企業や組織に気に入られた場合は、正社員として採用される可能性もあります。事務員派遣は、スキルアップやキャリアチェンジのきっかけになると言えるでしょう。

事務員派遣には、以上のようなメリットがあります。

しかし、事務員派遣には、デメリットもあります。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 安定性や福利厚生が劣る:事務員派遣は、基本的には一時的な雇用です。そのため、派遣期間が終了したり、派遣先の企業や組織の事情で契約が打ち切られたりする可能性があります。また、派遣社員は、正社員と比べて、給料やボーナス、昇給や昇格、社会保険や退職金などの福利厚生が劣ることが多いです。
  • 派遣先の企業や組織に溶け込みにくい:事務員派遣は、派遣先の企業や組織の一員として働きますが、正社員とは違う立場にあります。そのため、派遣先の企業や組織の文化やルールに馴染みにくいことがあります。また、正社員とのコミュニケーションや関係性がうまく築けないこともあります。
  • 自己管理や自己責任が重要になる:事務員派遣は、自分で仕事を探したり、人材派遣会社と交渉したり、派遣先の企業や組織と調整したりする必要があります。そのため、自己管理や自己責任が重要になります。例えば、仕事の内容や条件に不満があった場合や、トラブルが発生した場合などは、自分で解決する能力が求められます。

事務員派遣には、メリットとデメリットがあります。

自分にとって、どちらが大きいか、よく考えてみましょう。

もし、事務員派遣に興味があるけれど、どのような仕事を選べばいいかわからないという方は、事務員派遣で給料が良い仕事といえば通関士派遣という選択肢があります。

通関士派遣とは、どのような仕事なのでしょうか。

通関士の事務員派遣がおすすめの理由

通関士とは、輸出入貨物の通関手続きを行う国家資格者のことです。

通関士の事務員派遣とは、通関士の資格を持っている人が、人材派遣会社に登録し、通関業者や貿易会社などに派遣されることです。

通関士の事務員派遣には、以下のような理由でおすすめです。

  • 給料が高い:通関士は、国家資格であり、専門知識やスキルが必要な仕事です。そのため、通関士の事務員派遣の給料は、一般的な事務員派遣よりも高いです。通関士手当がある場合もあるかもしれません。
  • 需要が高い:通関士は、国際貿易の拡大に伴って、需要が高まっている仕事です。特に、日本は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や日本・EU経済連携協定(EPA)などの自由貿易協定に参加しており、輸出入貨物の増加が見込まれます。そのため、通関士の事務員派遣は、安定的に仕事が見つかると言えます。
  • やりがいがある:通関士は、輸出入貨物の通関手続きを行うことで、国際貿易の円滑化に貢献する仕事です。そのため、通関士の事務員派遣は、やりがいがあると感じることができます。また、通関士は、関税や消費税、法律や条約などの知識を常に更新する必要があります。そのため、通関士の事務員派遣は、スキルアップの機会が多いと言えます。

通関士の事務員派遣には、以上のような理由でおすすめです。

しかし、通関士の事務員派遣には、デメリットもあります。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 資格が必須:通関士の事務員派遣には、通関士の資格が必須です。通関士の資格は、通関士試験に合格することで取得できますが、通関士試験は、非常に難易度が高いです。例えば、2023年度の通関士試験の合格率は、約24.2%でした。通関士試験に合格するには、多くの時間と努力が必要です。
  • 責任が重い:通関士は、輸出入貨物の通関手続きを行うことで、国際貿易の円滑化に貢献する仕事ですが、その反面、責任も重いです。通関士がミスをすると、輸出入貨物の遅延や損傷、罰金や訴訟などのトラブルにつながる可能性があります。そのため、通関士の事務員派遣は、神経質にならなければならないことが多いです。
  • キャリアアップが難しい:通関士の事務員派遣は、給料が高くて需要が高い仕事ですが、その分、競争も激しいです。通関士の事務員派遣でキャリアアップするには、通関士の資格だけではなく、他のスキルや経験も必要になります。例えば、英語や中国語などの外国語や、貿易実務や物流管理などの知識やスキルがあると、有利になります。また、正社員として採用される可能性もありますが、それには、派遣先の企業や組織の信頼や評価が必要です。

通関士の事務員派遣には、メリットとデメリットがあります。自分にとって、どちらが大きいか、よく考えてみましょう。もし、通関士の事務員派遣に興味があるけれど、通関士の資格を持っていないという方は、通関士の難易度は高いが、合格すれば一生価値ある資格ということを知っておきましょう。通関士の難易度は高いが、合格すれば一生価値ある資格とは、どのようなことなのでしょうか。

通関士の難易度は高いが、合格すれば一生価値ある資格

通関士の難易度は高いと言われています。その理由は、以下のようなものがあります。

  • 試験範囲が広い:通関士試験は、通関業務に関する知識や技能を問う試験です。そのため、試験範囲は、関税法等、非常に広く、深いです。また、試験範囲は、国際的な動向や条約に応じて、毎年変更されることがあります。そのため、通関士試験に合格するには、多くの分野について、最新の知識を習得する必要があります。
  • 試験時間が短い:通関士試験は、午前と午後の2回に分かれて行われます。通関士試験は問題数に対して非常に時間が短いです。そのため、通関士試験に合格するには、素早く正確に問題を解く能力が必要です。
  • 合格基準が厳しい:通関士試験は、合格基準が厳しいと言われています。通関士試験の合格基準は、全科目60%以上の正答率が必要です。特に通関実務試験が難関と言われており、毎年この科目で涙を流す受験者が多くいます。

通関士の難易度は高いと言われていますが、合格すれば一生価値ある資格と言われています。その理由は、以下のようなものがあります。

  • 需要が高く、安定した仕事が見つかる:通関士は、国際貿易の拡大に伴って、需要が高まっている仕事です。特に、日本は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や日本・EU経済連携協定(EPA)などの自由貿易協定に参加しており、輸出入貨物の増加が見込まれます。そのため、通関士の仕事は、安定的にあります。また、通関士は、通関業者や貿易会社だけでなく、製造業や流通業など、様々な業界で活躍できます。そのため、通関士は、幅広い選択肢があります。
  • 給料が高く、キャリアアップができる:通関士は、国家資格であり、専門知識やスキルが必要な仕事です。そのため、通関士の給料は、一般的な事務職よりも高いです。また、通関士は、通関業務だけでなく、貿易実務や物流管理など、他の分野にもスキルを広げることができます。そのため、通関士は、キャリアアップの可能性があります。
  • やりがいがある:通関士は、輸出入貨物の通関手続きを行うことで、国際貿易の円滑化に貢献する仕事です。そのため、通関士は、やりがいがあると感じることができます。また、通関士は、関税や消費税、法律や条約などの知識を常に更新する必要があります。そのため、通関士は、自分のスキルや知識を磨くことができます。

通関士の難易度は高いが、合格すれば一生価値ある資格と言われています。通関士の資格を取得するには、多くの時間と努力が必要ですが、その分、報われる仕事です。もし、通関士の資格に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ:事務員派遣にお願いしたい仕事内容はどこの会社もほぼ同じ

この記事では、事務員派遣にお願いしたい仕事内容を正社員通関士の立場から紹介しました。

事務員派遣には、様々な種類がありますが、その中でも特に給料が良くて将来性のある仕事といえば、通関士派遣です。

通関士派遣には、通関士の資格が必須ですが、通関士の資格は、難易度は高いが、合格すれば一生価値ある資格です。

事務員派遣を検討している方は、ぜひ通関士派遣についても考えてみてください。

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

▼ブログランキング参加中!▼
参考になりましたら、ポチお願いします!

資格・スキルアップランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 通関士へ
にほんブログ村

FC2 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました