※当サイトはプロモーションが含まれています
また、皆様からのご意見等を随時募集しています

通関って土日もできる?通関手続きにかかる時間を解説!

通関士の実務
▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

通関とは、国境を越える貨物の輸出入に関する手続きのことです

通関手続きは、税関によって行われます

通関手続きには、どのような目的があるのでしょうか?

また、通関手続きにかかる時間はどれくらいなのでしょうか?

さらに、通関手続きは土日もできるのでしょうか?

この記事では、通関手続きに関する基本的な知識と、時間を短縮するコツを紹介します

通関手続きとは?輸出入の流れを簡単に説明

通関手続きとは、貨物の輸出入に関する法令や規則に従って、税関に申告や検査などの手続きを行うことです

通関手続きは、貨物の安全や品質を確保するために必要なものです

また、通関手続きによって、関税や消費税などの税金が徴収されます

通関手続きは輸出入の際に必ず行わなければなりません

通関手続きの種類は、輸出手続きと輸入手続きに分けられます

輸出手続きは、日本から海外に貨物を送る際に行う手続きです

輸入手続きは、海外から日本に貨物を受け取る際に行う手続きです

輸出手続きと輸入手続きは、それぞれに必要な書類や手順が異なります

輸出入の基本的な流れは、以下のようになります

通関手続きの目的と種類

  • 輸出手続き
    1. 輸出者は、貨物の内容や価格などを記載した輸出申告書を税関に提出します。
    2. 税関は、輸出申告書を受理し、貨物の検査や関税の計算などを行います。
    3. 税関は、輸出申告書に印鑑を押して輸出許可を与えます。
  • 輸入手続き
    1. 輸入者は、貨物の内容や価格などを記載した輸入申告書を税関に提出します。
    2. 税関は、輸入申告書を受理し、貨物の検査や関税や消費税の計算などを行います。
    3. 税関は、輸入申告書に印鑑を押して輸入許可を与えます。

輸出入の基本的な流れと必要な書類

通関手続きに必要な書類は、貨物の種類や数量、価格、原産国などによって異なります

一般的には、以下のような書類が必要です

  • 輸出手続きに必要な書類
    • 輸出申告書:貨物の内容や価格などを記載した書類です。税関に提出します。
    • 輸出許可証:税関が輸出申告書に印鑑を押して発行する書類です。輸出許可の証明となります。
    • 輸出貨物詳細内容:貨物の原産国や品質などを証明する書類です。税関から貨物の内容について問い合わせがくることがあります。
    • インボイス:貨物の内容や価格などを記載した書類です。
    • パッキングリスト:貨物の内容や数量、重量などを記載した書類です。
  • 輸入手続きに必要な書類
    • 輸入申告書:貨物の内容や価格などを記載した書類です。税関に提出します。
    • 輸入許可証:税関が輸入申告書に印鑑を押して発行する書類です。輸入許可の証明となります。
    • 輸入貨物詳細内容:貨物の原産国や品質などを証明する書類です。税関から貨物の内容について問い合わせがくることがあります。
    • インボイス:貨物の内容や価格などを記載した書類です。
    • パッキングリスト:貨物の内容や数量、重量などを記載した書類です。

通関手続きにかかる時間はどれくらい?日数の目安と影響する要因

通関手続きにかかる時間は、貨物の種類や数量、価格、原産国などによって異なります

また、税関の混雑状況や検査の有無などにも影響されます

通関手続きにかかる時間の目安と、影響する要因について見ていきましょう

通関手続きの日数の平均と最短

通関手続きの日数の平均は、輸出手続き、輸入手続きはともに、2回目の同じ貨物であれば、基本的に約1日で通関できるのですが、以下のような要因によって変わります

通関手続きに時間がかかる主な理由と対策

通関手続きに時間がかかる主な理由は、以下のようになります

  • 貨物の種類や数量が多い場合:貨物の種類や数量が多いほど、検査や計算が複雑になります。また、貨物の種類によっては、特別な許可や検査が必要になる場合があります。例えば、動植物や食品などは、検疫や衛生検査が必要です。対策としては、貨物の種類や数量をできるだけ少なくすることや、事前に必要な書類や許可を準備することが挙げられます。
  • 貨物の原産国が不明や制限対象の場合:貨物の原産国が不明や制限対象の場合、税関は貨物の出所や安全性を確認するために、厳格な検査や調査を行います。例えば、北朝鮮やイランなどは、国際的な制裁や規制の対象となっています。対策としては、貨物の原産国を明確にすることや、制限対象の国からの貨物を避けることが挙げられます。
  • 税関の混雑状況が悪い場合:税関の混雑状況が悪い場合、貨物の受付や検査に時間がかかります。例えば、年末年始前後やゴールデンウィーク前後などは、貨物の輸出入が増えるため、税関は混雑します。対策としては、混雑する時期を避けることや、事前に予約や申告をすることが挙げられます。
  • 書類審査や貨物検査に引っかかる場合:書類審査や貨物検査に引っかかる場合、貨物の内容や価格などを詳しく調べるために、時間がかかります。例えば、貨物の内容が申告と異なる場合や、貨物の価格が市場価格と大きく乖離している場合などは、審査や検査の対象となります。対策としては、貨物の内容や価格を正確に申告することや、市場価格に合わせることが挙げられます。

通関手続きの時間を短縮する方法とコツ

通関手続きの時間を短縮する方法とコツは、以下のようになります

  • 事前に必要な書類や許可を準備すること:通関手続きに必要な書類や許可を事前に準備することで、税関での手続きをスムーズにすることができます。書類や許可の種類や内容は、貨物の種類や数量、価格、原産国などによって異なりますので、事前に確認しておきましょう。
  • 通関業者や運送業者に依頼すること:通関業者や運送業者に依頼することで、通関手続きの代行や貨物の運送を任せることができます。通関業者や運送業者は、通関手続きの専門家であり、税関との連携や貨物の管理を行うことができます。通関業者や運送業者に依頼する場合は、費用や条件などを事前に確認しておきましょう。

通関手続きは土日もできる?税関の営業時間と休日の対応

通関手続きは、基本的には税関の営業時間内に行う必要があります

税関の営業時間は、基本的には平日の8時30分から17時までとなっています。

ただし、税関によっては、土日や祝日、夜間などにも通関手続きを行うことができます

税関の営業時間と休日の対応について見ていきましょう

先に下記に税関HPの開庁時間について記載のあるページを引用させていただきます

引用元:税関HP 通関等窓口の開庁時間及び時間外事務の取扱いについて

税関の営業時間と休日の種類

税関の営業時間と休日の種類は、以下のようになります

  • 平日営業の税関:ほとんどの税関が8時30分から17時までであれば通関手続きを行うことができます。
  • 土日祝日営業の税関:土日や祝日、夜間も通関手続きを行うことができます。
  • 24時間営業の税関:24時間いつでも通関手続きを行うことができます。

休日に通関手続きを行う方法と条件

休日に通関手続きを行う方法と条件は、以下のようになります。

  • 平日営業の税関:休日に通関手続きを行うことはできません。貨物の到着や出発が休日になる場合は、平日に通関手続きを済ませておくか、休日営業の税関に変更する必要があります。
  • 土日祝日営業の税関:休日に通関手続きを行うことができます。
  • 24時間営業の税関:休日に通関手続きを行うことができます。ただし、休日に通関手続きを行う場合は、税関の混雑状況や検査の有無などによって、時間がかかる場合があります。

休日に通関手続きを行うメリットとデメリット

休日に通関手続きを行うメリットとデメリットは、以下のようになります

  • メリット:休日に通関手続きを行うメリットは、貨物の到着や出発に合わせて通関手続きを行うことができることです。これにより、貨物の滞留や遅延を防ぐことができます。また、休日に通関手続きを行うことで、平日に通関手続きを行う場合よりも、税関の混雑が少ない場合があります。
  • デメリット:通関手続きを休日に行うため、通関業者が割増料金を請求する場合もあるかもしれません。費用面のデメリットが考えられるでしょう。

まとめ:通関手続きは土日でも可能!時間を短縮するコツも紹介

この記事では、通関手続きに関する基本的な知識と、時間を短縮するコツを紹介しました

通関手続きは、貨物の種類や数量、価格、原産国などによって異なります

通関手続きにかかる時間は、税関の混雑状況や検査の有無などにも影響されます

通関手続きの時間を短縮する方法としては、事前に必要な書類や許可を準備することや、事前に税関に申告をすることなどがあります

通関手続きは、基本的には税関の営業時間内に行う必要がありますが、税関によっては、土日や祝日、夜間などにも通関手続きを行うことができます

通関手続きは、貨物の安全や品質を確保するために必要なものです

通関手続きをスムーズに行うためには、事前に必要な情報や書類を確認し、税関との連携を密にすることが大切です

通関手続きに関する詳細な情報は、税関ホームページを参照してください

以上です

ありがとうございました!

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

▼ブログランキング参加中!▼
参考になりましたら、ポチお願いします!

資格・スキルアップランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 通関士へ
にほんブログ村

FC2 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました