※当サイトはプロモーションが含まれています
また、皆様からのご意見等を随時募集しています

通関士の難易度は?合格率は?2024年資格取得に向けて独学の可能性まで解説!

通関士試験
▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

ご安全に、ロジまるです

今回は通関士の難易度と合格率に関してお話します

通関士とは国際貿易において、輸出入の手続きを代行する専門家です

通関士は、税関法や関税法などの複雑な法令を理解し、正確に申告書を作成したり、税関との交渉を行ったりします。通関士は、国際物流の重要な役割を担っており、需要も高い職業です

しかし、通関士になるには、通関士試験に合格する必要があります

この試験は難易度が高く、合格率も低いことで知られています

では、具体的にどれくらい難しいのでしょうか?また、独学で合格することは可能なのでしょうか?

この記事では、通関士の難易度や合格率、勉強方法やメリット、向き不向きなどについて、詳しく解説していきます

通関士試験とは

通関士とは、国際貿易において、輸出入の手続きを代行する専門家です

通関士は、関税法などの法令や条約を遵守しながら、税関に対して輸出入の申告や検査、納税などの業務を行います

通関士とは何か、どんな仕事をするのか、どんなメリットがあるのか

通関士は、国際物流の重要な役割を担っており、輸出入のスムーズさやコスト削減に大きく貢献しています

通関士には、以下のような仕事ができるようになる、知識が身につくメリットがあります

  • 専門知識を持った事務職として働くことができる
  • 企業によっては在宅勤務で働くことができる
  • 他の事務職と比較して、国家資格が必要な仕事であり、専門的知識を要するため収入が良くなる(通関士手当がある)
  • 通関業者、貿易会社などへの転職に強くなる(他の企業でも難関国家資格を持っていることはアピールできる)
  • 国際貿易の知識やスキルを身につけることができる
  • 輸出入の手続きをスピーディーに行うことができる
  • 輸出入のトラブルやリスクを回避することができる
  • 輸出入のコンサルティングやアドバイスを提供することができる
  • 輸出入のビジネスチャンスを見つけることができる

通関士1つとるだけで多くのメリットがありますね!

通関士試験の概要や受験資格、試験日

概要

通関士になるためには、通関士試験に合格する必要があります

通関士試験は通関業法、関税法等、通関実務の3科目から構成されています

これらの科目は、輸出入の際に税関へ提出する通関書類の作成や通関手続きを行う専門知識を問うものです

特に3科目目の通関実務は暗記だけでは対応できず、HSコードの選定や課税価格の計算等、理解して受験しなければ対応できない科目となっています

受験資格

学歴も年齢も関係なく誰でも受験できます!

試験日

試験は毎年10月上旬に実施され、受験案内・願書の配布は7月上旬から8月上旬にかけて行われます

受験願書の提出締切は8月上旬で、合格発表は11月頃です

下記は税関ホームページの令和5年(2023年)の各日程です

項目日程
受験申込受付令和5年7月24日(月)
受験申込受付締切令和5年8月7日(月)
試験実施令和5年10月1日(日)
合格発表令和5年11月7日(火)
※合格者受験番号の税関ホームページ掲載
令和5年11月24日(金)
※合格者氏名及び受験番号の官報掲載

税関HP:第57回通関士試験(令和5年)

通関士の難易度はどれくらい?合格率は?

通関士の難易度

通関士試験の合格率は10~20%程度で、平均合格率は15.6%となっています

これは受験者の10人に1~2人が合格する割合であり、難易度は高い試験と言われています

通関士の難易度が高いのは下記のような理由が挙げられます

  • 試験範囲が広く、法律や実務の知識が必要
  • 法律は、頻繁に改正されるため、常に最新の情報を追う必要がある
  • 試験時間が短く、時間管理が難しい
  • 試験問題が毎年変わり、予想がつきにくい

通関士試験に合格するには、広範囲かつ詳細な知識を身につける必要があります

通関士試験に向けての勉強は、一般的には、通関士の通信講座等の対策講座を受講します

対策講座では、専門の講師から指導を受けたり、過去問や模擬試験を解いたりすることで、試験に対する対策を行います

通関士試験に合格するまでには、平均で約6ヵ月程度の勉強期間が必要と言われています

合格率や合格者数

通関士試験の合格率は低いことで有名です

税関HPより合格率の推移は以下の表のようになっています

税関HP:第57回通関士試験の結果について

上記税関HPの表より、通関士試験の受験者数と合格率から下記のグラフを作成しました

グラフから考察した結果、下記ように考えています

近年は合格率、合格者の上昇が続いています

この上昇は受験者レベルの向上もあるかと思いますが、3科目目の実務試験が平均的な難しさを維持してくれているのも一因と考えられます

また、貿易需要はこれからますます進んでいくと考えられるため、税関も通関士を増やしたいはずですので、通関士試験の難易度が急に上がることは考えにくいでしょう

そのため、独学でも対策講座を受けるにしても、通関士試験は早めに受けることをお勧めします

上記考察に至った経緯は下の記事でまとめてますので良かったら読んでください

難易度を高める要因や低める要因

通関士試験の難易度は、個人の学習状況や能力によっても変わってきます

難易度を高める要因や低める要因には、以下のようなものがあります

難易度を高める要因
  • 法律や実務に関する基礎知識がない
  • 学習時間が少ない
  • 学習計画や方法が適切でない
  • 最新の法改正や動向に対応できない
  • 試験に対する不安や緊張が強い
難易度を低める要因
  • 法律や実務に関する基礎知識がある
  • 学習時間が十分に確保できる
  • 学習計画や方法が効果的である
  • 最新の法改正や動向に素早く対応できる
  • 試験に対する自信や安心感がある

通関士試験の難易度は高いと言われていますが、それは一般的な平均的な受験者の視点からの話です

個人の努力や工夫によって、難易度を下げることは可能です

逆に、油断や怠慢によって難易度を、自ら上げることもあります

難易度を高める要因や低める要因を意識して、自分に合った学習方法を見つけることが、通関士試験に合格するためのコツです

通関士試験の勉強方法は?独学で合格できるの?

通関士試験の勉強方法

通関士試験の勉強方法には大きく分けて、通信講座や通学講座などの受講型と、参考書や問題集などの独学型があります

受講型のメリットは、専門的な講師から直接指導を受けられることや、カリキュラムやスケジュールが決まっていることです

受講型のデメリットは、費用が高いことや、自分のペースで学べないことです

独学型のメリットは、費用が安いことや、自分のペースで学べることです

独学型のデメリットは、自分で学習計画や方法を考えなければならないことや、分からないことがあっても聞ける人がいないことです

通関士試験の勉強方法は、個人の目的や状況によって選ぶべきです

通関士試験には過去問や模擬試験などの問題集が多数出版されています

これらの問題集を活用することで、試験の傾向や自分の弱点を把握することができます

問題集を解く際には、正解だけでなく、解説やポイントもしっかりと理解することが重要です

独学で合格できる?

通関士試験は独学で合格している方も多くいます

しかし、独学で合格するには、以下のようなことが必要です

  • 自分で学習計画や方法を立てる
  • 自分で最新の法改正や動向をチェックする
  • 自分で法律等の理解を深める
  • 自分でモチベーションを保つ

独学で合格するためには、自己管理能力や自律性が高いことが求められます

また、独学で合格するには、通常よりも多くの時間や労力が必要になることも覚悟しなければなりません

独学で合格することは決して簡単なことではありませんが、それだけにやりがいや達成感も大きいことでしょう

独学で通関士試験に合格するためのコツやポイント、スケジュールなど

独学で通関士試験に合格するためには、以下のようなコツやポイントがあります

  1. 学習計画や方法は、自分に合ったものを選ぶ
    • 学習計画や方法は、自分の目標やレベル、時間や予算などに応じて、柔軟に変更することができます。自分に合わないものを無理に続けることは、効率も効果も低下させます。自分に合ったものを選ぶことで、学習の質や量を高めることができます。
  2. 学習時間は、毎日少しずつ確保する
    • 学習時間は、毎日少しずつ確保することが大切です。一気に長時間勉強するよりも、短時間でも毎日継続する方が、記憶や理解に効果的です。また、学習時間は、自分の集中力や体調に合わせて、最適な時間帯を選ぶことができます。例えば、朝型の人は、朝早く起きて勉強することがおすすめです。
  3. 3科目バランスよく勉強する
    • 通関士の勉強は3科目バランスよく勉強することが重要です。実務の勉強ばかりしていると、通関業法、関税法に穴ができてしまいます。すべての科目で6割以上取る必要がありますので、バランスよく勉強することをおすすめします。
  4. 学習方法は、多様化する
    • 学習方法は、多様化することがおすすめです。同じ方法で勉強するだけでは、飽きやすくなったり、偏りやすくなったりします。学習方法を多様化することで、学習の効率や効果を高めることができます。例えば、参考書や問題集だけでなく、インターネットや動画などのメディアも活用するという方法です。
      ※飽きてしまった場合や余裕がある方は多様化するのもおすすめですが、個人的には過去問等、私が下の記事で独学おすすめの教材を何度も繰り返すことをおすすめします
  1. 学習評価は、定期的に行う
    • 学習評価は、定期的に行うことが必要です。学習評価とは、自分の学習状況や成果を客観的に測ることです。学習評価を行うことで、自分の強みや弱み、理解度や記憶度、進捗や課題などを把握することができます。学習評価の方法としては、過去問や模擬試験などの問題を解いて、点数や正答率を記録するという方法があります。
  2. 学習環境は、快適に整える
    • 学習環境は、快適に整えることが望ましいです。学習環境とは、学習に必要な道具や場所、音や光などの要素です。学習環境が快適でないと、学習に集中できなかったり、疲れやすくなったりします。学習環境を快適に整えることで、学習の質や量を向上させることができます。例えば、机や椅子は、自分の身体に合ったものを選ぶことや、音楽は、自分の好きなものや集中できるものを聴くことなどがあります。

学習モチベーションは、高め続けることが大切です。学習モチベーションとは、学習に対する意欲や興味です。学習モチベーションが高いと、学習の効率や効果が上がります。学習モチベーションが低いと、学習の質や量が下がります。学習モチベーションを高め続けるためには、以下のようなことがあります。

  1. 学習目標を明確にする
    • 学習目標とは、学習の最終的な成果や目的です。学習目標を明確にすることで、学習の方向性や意義を見出すことができます。学習目標は、具体的で達成可能で測定可能で時間的に限定されたものであることが望ましいです。例えば、「2024年の通関士試験に合格する」という目標です。
  2. 学習達成度を可視化する
    • 学習達成度とは、学習目標に対する自分の進捗や成果です。学習達成度を可視化することで、学習の成果や課題を確認することができます。学習達成度を可視化する方法としては、チャートやグラフなどの図表を使って、点数や正答率などの数値を記録するという方法があります。
  3. 学習報酬を設定する
    • 学習報酬とは、学習の成果や努力に対して自分に与えるご褒美やインセンティブです。学習報酬を設定することで、学習のモチベーションを高めることができます。学習報酬は、自分の好きなものや楽しいものであることが望ましいです。例えば、「一日の学習時間を3時間以上確保したら、好きな映画を見る」という報酬です。
  4. 学習仲間を作る
    • 学習仲間とは、同じ目標や興味を持つ学習者の仲間です。学習仲間を作ることで、学習の刺激や励ましを得ることができます。学習仲間とは、オンラインやオフラインでコミュニケーションを取ることができます。例えば、「通関士試験に合格したい」という同じ目標を持つ人と、SNSやメールなどで情報交換や相談をするという方法です。

通関士の年収や将来性、メリットは?需要はあるの?

年収や給与水準

通関士の年収や給与水準は、以下のような要素によって変わってきます

  1. 勤務先や職種
    • 通関士は、貿易会社や物流会社、通関業者などの企業に勤めることができます。また、通関士は、通関士事務所を開業して、自営業として活動することもできます。勤務先や職種によって、年収や給与水準は異なります。一般的に、企業に勤める通関士は、年収400万円~600万円程度です。X(元Twitter)に独立した方がおられます。
  1. 経験や能力
    • 通関士は、経験や能力によって、年収や給与水準が変わってきます。経験や能力が高い通関士は、高い年収や給与水準を得ることができます。経験や能力を高めるためには、常に最新の法改正や動向に対応できるように勉強したり、実務でのスキルやノウハウを磨いたりすることが必要です。
  2. 資格やスキル
    • 通関士は、資格やスキルによって、年収や給与水準が変わってきます。資格やスキルが多い通関士は、高い年収や給与水準を得ることができます。資格やスキルを増やすためには、通関士以外の貿易関連の資格や、英語や中国語などの外国語のスキルを取得したり、コンピューターやインターネットなどのITのスキルを身につけたりすることが有効です。

将来性やキャリアパスと通関士資格を得るメリット

通関士の将来性やキャリアパスは、以下のようなものがあります

  1. 国際貿易の拡大と需要の増加
    • 通関士は、国際貿易において、輸出入の手続きを代行する専門家です。国際貿易は、グローバル化や経済の発展に伴って、拡大し続けています。また、国際貿易には、様々な法律や規制が関わっており、複雑化しています。そのため、通関士の役割や責任は、高まっています。通関士は、国際貿易の拡大と需要の増加によって、将来性が高い職業と言えます。
  2. 転職の幅の広さ
    • 通関士は、転職や開業の幅が広い職業です。通関士は、貿易会社や物流会社、通関業者などの企業に勤めることができます。また、通関士は通関士事務所を開業して、自営業として活動することもできます。通関士は、自分の希望や状況に応じて、様々な働き方を選ぶことができます。
  1. 知識やスキルの向上と自己実現の達成
    • 通関士は、知識やスキルの向上と自己実現の達成ができる職業です。通関士は、関税法などの法律や、英語や貿易実務などの実務の知識やスキルを身につけることができます。

通関士は知識やスキルの向上と自己実現の達成ができる職業です
関税法などの法律や、英語や貿易実務などの実務の知識やスキルを身につけることができます
これらの知識やスキルは、通関士だけでなく、他の職業や分野でも役立つものです
通関士は自分の知識やスキルを活かして、国際貿易に貢献することができます
自分の仕事にやりがいや誇りを感じることができます

通関士の年収や将来性、メリットは高いと言えます
国際貿易の拡大と需要の増加によって、安定した収入やキャリアを得ることができます
転職の幅が広く、自分の希望や状況に合わせて、様々な働き方を選ぶことができます
知識やスキルの向上と自己実現の達成によって、自分の可能性を広げることができます

通関士の需要

通関士の需要は、高いと言えます

通関士の需要には、以下のような要因があります

  1. 貿易量の増加と輸出入手続きの増加
    • 通関士は輸出入の手続きを代行する専門家です。貿易量が増えると、輸出入手続きも増えます。輸出入手続きは、通関士の仕事の範囲です。貿易量が増えると、通関士の仕事量も増えます。
  2. 法律や規制の複雑化と専門性の高まり
    • 通関士は税関法や関税法などの法律や規制を理解する専門家です。法律や規制は、頻繁に改正されたり、新たに制定されたりします。法律や規制は、複雑化しています。法律や規制を理解するには、専門性が必要です。専門性が高まると、通関士の価値も高まります。
  3. 通関士の不足と後継者の不足
    • 通関士は合格率が低く、資格取得が難しい職業です。通関士は、需要に対して、供給が不足している職業です。また、高齢化や引退などによって、後継者が不足している職業です。通関士は、不足に対して余裕がない職業です。

通関士の需要は、貿易量の増加や法律の複雑化などの要因によって、高いままであると予想されます

また、通関士の不足や後継者の不足などの要因によって、需要がさらに高まる可能性もあります

通関士は、需要が高く、将来も安定した職業と言えます

通関士に向いている人は?向いていない人は?

通関士に向いている人の特徴や条件

通関士に向いている人の特徴や条件には、以下のようなものがあります。

  1. 法律や実務に関する知識やスキルに興味がある
    • 通関士は、関税法などの法律や、英語や貿易実務などの実務に関する知識やスキルを必要とします。これらの知識やスキルに興味がある人は、通関士に向いています。興味があると、学習や仕事に対するモチベーションや効果が高まります。
  2. 細かいことに気がつき、正確に処理できる
    • 通関士は、輸出入の手続きを代行する専門家です。輸出入の手続きは、細かいことに気をつけなければならないものです。例えば、申告書の作成や税関との交渉などです。細かいことに気がつき、正確に処理できる人は、通関士に向いています。正確に処理できると、ミスやトラブルを防ぐことができます。
  3. 自分で学習したり、情報収集したりできる
    • 通関士は、常に最新の法改正や動向に対応できるように勉強しなければなりません。自分で学習計画や方法を立てたり、納期に間に合うように業務手順を決めたり、自分で情報収集したりすることが多いです。自分で学習したり、情報収集したりできる人は、通関士に向いています。自分で学習したり、情報収集したりできると、知識やスキルを向上させることができます。

通関士に向いていない人の特徴や条件

通関士に向いていない人の特徴や条件には、以下のようなものがあります。

  1. 法律や実務に関する知識やスキルに興味がない
    • 通関士は、税関法や関税法などの法律や、英語や貿易実務などの実務に関する知識やスキルを必要とします。これらの知識やスキルに興味がない人は、通関士に向いていません。興味がないと、学習や仕事に対するモチベーションや効果が低下します。
  2. 細かいことに気がつかない、正確に処理できない
    • 通関士は、輸出入の手続きを代行する専門家です。輸出入の手続きは、細かいことに気をつけなければならないものです。例えば、申告書の作成や税関との交渉などです。細かいことに気がつかない、正確に処理できない人は、通関士に向いていません。気がつかない、正確に処理できないと、ミスやトラブルを招くことになります。
  3. 自分で学習したり、情報収集したりできない
    • 通関士は、常に最新の法改正や動向に対応できるように勉強しなければなりません。また、通関士は、自分で学習計画や方法を立てたり、自分で情報収集したりすることが多いです。自分で学習したり、情報収集したりできない人は、通関士に向いていません。学習したり、情報収集したりできないと、知識やスキルが陳腐化したり、遅れたりすることになります。

通関士に向いている人や向いていない人は、個人の性格や能力によって異なります

しかし、通関士に向いている人や向いていない人の特徴や条件を知ることで、自分が通関士になるべきかどうかを判断することができます

通関士に興味がある人は、自分が通関士に向いているかどうかをチェックしてみてください

まとめ:通関士の難易度は高く、合格率も低いが合格後のメリットも大きい

この記事では、通関士の難易度や合格率、勉強方法やメリット、向き不向きなどについて、詳しく解説しました

通関士試験は非常に難易度が高く、合格率も低いことで知られています

しかし、通関士試験に合格することで、高い年収や将来性、幅広い働き方や自己実現などのメリットを得ることができます

また、独学でも合格できる人は多くいますので、1度やってみて、向いていないと感じたら対策講座に移行するのもいいと思います

通関士の仕事は法律や実務に関する知識やスキル、細かいことに気がつく能力、論理的に考える能力、自分で学習する能力などが必要です

通関士に興味がある人は、自分が通関士に向いているかどうかをチェックしてみてください

以上です

ありがとうございました!

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

▼ブログランキング参加中!▼
参考になりましたら、ポチお願いします!

資格・スキルアップランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 通関士へ
にほんブログ村

FC2 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました