※当サイトはプロモーションが含まれています
また、皆様からのご意見等を随時募集しています

【通関士試験】過去問10年分必要?おすすめは何年分?2024年

通関士試験
▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

通関士試験は、国際物流のプロフェッショナルとして必要な知識や技能を認定する国家資格です

通関士試験に合格すると、通関業務を行うことができるだけでなく、貿易業界でのキャリアアップや就職・転職にも有利になります

しかし、通関士試験は非常に難易度が高く、合格率は約10~20%程度と言われています

そこで、通関士試験に挑戦する人にとって、最も重要な学習方法の一つが、過去問の活用です

過去問を解くことで、試験の傾向や出題範囲を把握し、自分の弱点を克服することができます

しかし、過去問は何年分必要なのでしょうか?

また、過去問を効果的に活用するには、どのような方法やポイントがあるのでしょうか?

この記事では、通関士試験の過去問に関する疑問に答えていきます

通関士試験の過去問は10年分必要?おすすめは何年分?

通関士試験の過去問は、試験の出題内容や難易度が変化する可能性があるため、できるだけ多くの年数を解くことが望ましいと言えます

しかし、過去問は年々増えていくので、全てを解くのは現実的ではありません

では、過去問は何年分解けば十分なのでしょうか?

X(元Twitter)で調査した結果、過去問は5年分以上やっている方が80%以上となりました

結果は下記のとおりです

また、1番多かったのが「過去問5年分」で42%でした

私も過去問は先ず5年分を解けるようにすることをおすすめします

なぜなら、過去5年分の過去問を解くことで、試験の出題傾向や難易度をほぼ把握することができるからです

また、過去5年分の過去問を解くことで、試験に出題される可能性の高い問題や重要な知識点を網羅することができます

過去5年分の過去問を解くことは、通関士試験の合格に必要な条件と言えますし、5年分解けるようになれば、6年分、7年分と進める際にも解ける問題の方が多くなり、勉強の負荷が軽減されます

過去問の年数による学習時間と負担の違い

過去問の年数を増やすことは、試験に対する準備度を高めることにつながりますが、同時に学習時間や負担も増えます

年数を増やすことで試験に対する自信や安心感を得ることができますが、反面、学習の効率やモチベーションが低下する可能性もあります

過去問の年数を増やすことによって必ずしも合格に近づくことになるとは限りません

自分の学習状況や目標に応じて、柔軟に調整することが大切です

過去問は5年分を全て100点取れるようにして、余裕があればふやしていくこと

過去問は、試験に出題される可能性の高い問題や重要な知識点を網羅するために、解くだけでなく、理解することが重要です

過去問を解くだけでは、試験に対応できる力は身につきません

過去問を解いた後は、必ず解説を読んで、自分の間違いや理解不足を確認し、復習することが必要です

では、過去問を理解するためにはどのような方法やポイントがあるのでしょうか?

以下に、過去問を理解するための方法やポイントをいくつか紹介します

  • 過去問を解く前に、基礎知識や用語の確認をすること。通関士試験は、非常に幅広い分野の知識や用語を問われます。過去問を解く前に、基礎知識や用語の確認をすることで、問題の意味や背景を理解しやすくなります。基礎知識や用語の確認には、教科書や参考書、インターネットなどを活用してください。
  • 過去問を解くときに、自分の考えや答えの根拠を明確にすること。過去問を解くときに、自分の考えや答えの根拠を明確にすることで、自分の理解度や間違いの原因を把握しやすくなります。自分の考えや答えの根拠を明確にするには、問題文や選択肢に対して、なぜそのように考えたのか、どのような知識や法令をもとにしたのか、どのようなロジックや計算をしたのかなどを書き出してみると良いでしょう。
  • 過去問を解いた後に、解説を読んで、自分の間違いや理解不足を確認し、復習すること。過去問を解いた後に、解説を読んで、自分の間違いや理解不足を確認し、復習することで、自分の知識や技能を補強することができます。解説を読むときには、正解の理由だけでなく、不正解の理由もしっかりと理解することが重要です。復習するときには、間違えた問題や理解不足の部分を重点的に見直し、必要に応じて教科書や参考書、インターネットなどで補足学習をすることが効果的です。

以上のように、過去問を理解するためには、過去問を解く前・解くとき・解いた後のそれぞれの段階で、工夫や努力が必要です

過去問を理解することは通関士試験に合格するための必須条件ですが、同時に、通関士試験に出題される知識や技能を身につけるための最良の方法でもあります

過去問を理解することで、通関士試験に対する自信や安心感を得ることができるだけでなく、通関士としての実務能力や専門性も高めることができます

過去問を理解することは通関士試験の合格だけでなく、通関士としてのキャリアにも役立つことになります

時間や労力がかかりますが、それだけの価値があると言えるでしょう

過去問を先ずは5年分、理解することを目指して頑張ってください!

通関士試験に独学で挑戦するメリットとデメリット

通関士試験に合格するためには、過去問を理解することが必須条件ですが、それだけでは十分ではありません

通関士試験には、幅広い分野の知識や技能が求められます

通関士試験に独学で挑戦する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

以下に、通関士試験に独学で挑戦するメリットとデメリットをいくつか紹介します

独学で通関士試験に合格するための条件とコツ

通関士試験に独学で合格するためには、以下のような条件とコツが必要です

  • 自分に合った学習方法や教材を見つけること。通関士試験には、様々な学習方法や教材があります。しかし、すべての学習方法や教材が自分に合っているとは限りません。自分の学習スタイルや目的に応じて、自分に合った学習方法や教材を見つけることが大切です。学習方法や教材を見つけるには、インターネットや書店などで情報収集をすることや、他の受験者や通関士の体験談などを参考にすることが有効です。
  • 自分で学習計画や目標を立てること。通関士試験に独学で挑戦する場合、自分で学習計画や目標を立てることが必要です。学習計画や目標を立てることで、学習の効率やモチベーションを高めることができます。学習計画や目標を立てるには、試験の出題範囲や難易度、自分の現状や弱点、試験までの残り時間などを考慮することが重要です。
  • 学習の継続と管理をすること。通関士試験に独学で挑戦する場合、学習の継続と管理をすることが必要です。学習の継続と管理をすることで、学習の質や量を保つことができます。学習の継続と管理をするには、自分の学習計画や目標に沿って、毎日一定の時間を学習に割くことや、学習の進捗や成果を記録や評価することが有効です。学習の継続と管理をすることは、自己責任と自己管理が求められることになります。

以上のように、通関士試験に独学で合格するためには、自分に合った学習方法や教材を見つけること、自分で学習計画や目標を立てること、学習の継続と管理をすることが必要です

これらの条件とコツを満たすことができれば、通関士試験に独学で合格することは十分可能です

独学で必要な時間と費用

通関士試験に独学で挑戦する場合、必要な時間と費用はどのくらいなのでしょうか?

以下に、独学で必要な時間と費用の目安を示します

前提条件

1.勉強時間の確保

通関士の勉強時間について調べたところ、目安350時間とかもありますが、私の経験上でも400~500時間が妥当だと思います

※勉強スタート時期別、毎日の勉強時間例(勉強時間500時間の場合)
1月 31日
2月 28日(うるう年29日)
3月 31日
4月 30日
5月 31日
6月 30日
7月 31日
8月 31日
9月 30日
1月勉強スタート:1~9月合計 273日 500時間/273日=1.83時間/日≒2時間/日
4月勉強スタート:4~9月合計 183日 500時間/183日=2.73時間/日≒3時間/日
7月勉強スタート:7~9月合計 92日 500時間/92日=5.43時間/日≒5時間30分/日

2.教材の購入

下記の記事にまとめてある教材を購入していただく必要があります
定番教材を全て購入してい費用は\15,000-です

通信講座を受けるのと比較するとかなり安く勉強できます

独学で通関士試験に合格する場合、費用の面で大きなメリットがあると言えます

独学でおすすめの教材と参考書

通関士試験に独学で挑戦する場合、おすすめの教材と参考書はどのようなものがあるのでしょうか?

以下の記事にて、独学でおすすめの教材と参考書をいくつか紹介します

上記の記事では独学おすすめの参考書を7つのみ厳選しております

よかったら参考にしてください

通関士試験の過去問を活用する方法とポイント

通関士試験に合格するためには過去問を理解することが必須条件ですが、それだけでは十分ではありません

過去問を理解することは通関士試験に出題される可能性の高い問題や重要な知識点を身につけることに役立ちますが、過去問を活用することは、通関士試験に出題される可能性の低い問題や新しい問題にも対応できる力を養うことに役立ちます

過去問を活用することは通関士試験に合格するための必須条件ではありませんが、通関士試験に合格するための有効な方法です

では、過去問を活用するには、どのような方法やポイントがあるのでしょうか?

以下に、過去問を活用する方法やポイントをいくつか紹介します

過去問を活用するメリットと注意点

過去問を活用するメリットと注意点は、以下のようになります

  • 過去問を活用するメリットは、以下のようになります
    • 過去問を活用することで、試験の出題傾向や難易度を把握することができます。また、試験に出題される可能性の高い問題や重要な知識点を網羅することができます。試験に対する自信や安心感も得ることができます。
    • 過去問を活用することで、試験に出題される可能性の低い問題や新しい問題にも対応できる力を養うことができます。試験に出題される法令の最新の改正内容や解釈を把握することができます。試験に出題される問題のパターンやロジックを理解することができます。試験に出題される問題の応用力や判断力を高めることができます。
  • 過去問を活用する注意点は、以下のようになります
    • 過去問を活用することは、試験に対する準備度を高めることにつながりますが、過去問に依存することは避けるべきです。過去問に依存することは、試験に出題される可能性の低い問題や新しい問題に対応できなくなることや、試験の出題内容や難易度が変化する可能性を見落とすことになります。
    • 過去問を活用することは、試験に出題される法令の最新の改正内容や解釈を把握することに役立ちますが、過去問だけに頼ることは避けるべきです。試験に出題される法令の最新の改正内容や解釈を見逃すことになります。試験に出題される法令の正確な理解や適用を誤ることになります。

以上のように、過去問を活用するメリットと注意点を理解することが重要です

過去問を活用することは、通関士試験に合格するための有効な方法ですが、過去問に依存したり、過去問だけに頼ったりすることは、通関士試験に合格するための障害になります

過去問を活用することは、通関士試験に対する自信や安心感を得ることができるだけでなく、通関士試験に出題される可能性の低い問題や新しい問題にも対応できる力を養うことができます

過去問を活用するための方法

過去問を活用するためには、過去問を理解することが必須条件ですが、それだけでは十分ではありません

過去問を活用するためには、過去問を解くタイミングや頻度、方法などを計画することが必要です

過去問を活用するための方法は、以下のようになります

  • 過去問を解くタイミングは、基礎学習と並行して行うことがおすすめです。基礎学習と並行して過去問を解くことで、基礎知識や用語の定着を促すことができます。また、試験の出題傾向や難易度に慣れることができます。学習の効率やモチベーションを高めることにもつながります。
  • 過去問を解く頻度は、週に○回程度と目安を設定すること。過去問を解く頻度が少なすぎると、過去問の内容や感覚を忘れてしまう可能性があります。過去問を解く頻度が多すぎると、過去問に飽きてしまったり、過去問に依存してしまったりする可能性があります。過去問を解く頻度は、自分の学習状況や目標に応じて、柔軟に調整することが大切です。

過去問を活用することで、合格目指して頑張ってください!

まとめ:先ずは過去問5年分を全て100点取れるようにしよう!

過去問を何年分解くのがおすすめかは、調査結果通り過去5年分の過去問を解くことをおすすめします

過去問は5年分を全て100点取れるようになり、勉強計画に余裕がある方は過去問の年数を増やして自分の合格率を上げていきましょう

以上です

ありがとうございました!

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ 

引用元:アガルートアカデミー

▼合格特典で『全額返金』・合格率50%以上の通関士通信講座▼ アガルートアカデミー
通関士通信講座 アガルートアカデミーHPはこちら

>>アガルートアカデミー通関士の詳細記事はこちら

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼ 

引用元:フォーサイト

▼圧倒的合格率68.9%の通関士通信講座▼
通関士2023年度の合格率は全国平均の2.85倍!高い合格率の通関士講座はフォーサイト

>>フォーサイト通関士講座の詳細記事はこちら

▼20代の悩める転職相談所、先ずは無料相談!▼

引用元:20代の転職相談所

▼20代の悩める転職相談所、無料相談はこちらをクリック▼
20代の転職相談所

>>20代の転職相談所の詳細記事

▼ブログランキング参加中!▼
参考になりましたら、ポチお願いします!

資格・スキルアップランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 通関士へ
にほんブログ村

FC2 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました